保育士パート主婦の日常☺︎

保育士のパートをしながら男の子2人の母、妻として家事育児に奮闘中です☺︎保育士目線、保護者目線のお話や、趣味の草花のお話など、その時の気分で書いてます☺︎

2月の保育園

こんにちは〜hyhr1011です。

 

2月の保育園ってどんな感じなの!?2月の先生たちってどんな気持ち!?お父さんお母さんたちってどんな事思ってるんだろう!?

と気になってらっしゃる方の少しでも参考になればと思い、保育士、保護者とどちらも経験している立場から書きました。

 

2月はとっても寒い日が続きますね。

 

2月の行事には、節分があります。

 

節分の由来を聞いたり、絵本で見たり、自分の中のどんな鬼をやっつけたいかみんなで話し合ってから

 

「鬼は〜外〜!!」

「福は〜うち〜!!」

 

と、みんなで豆まきをします。

 

保育士さんが鬼に変身する保育園もあります。

 

最近は、子どもさんたちが怖かって、夜泣きしたら大変なので、そこまで怖い鬼に変身する事は減ってきました。

 

それでも、特に赤ちゃんたちは涙が出ることも。

 

年長児さんにもなると、たくましくなり「鬼をやっつけるぞ!!」と気合い十分に豆まきするようになります。

 

それだけでも成長を感じる事ができて、保育士さんたちは嬉しい気持ちになります。

 

自分たちで作った鬼のお面や豆を入れるます作りも、事前に保育士さんたちが、試行錯誤しながら準備します。

 

去年のお面と同じにならないように。

 

子どもさんたちの年齢に合った製作が出来るように。

 

と色々な事に配慮した製作。

 

自分たちで作ったお面をかぶり、元気いっぱい豆まきする姿にほっこりします(o^^o)

 

2月は他にも、落ち葉を使った製作や遊び、寒空の下、水溜りにはった氷や雪遊びなど、冬ならではの遊びが沢山あります(^^)

 

また、病気も流行る時期です。

 

鼻水、咳が出る子どもさんもたくさんいます。

 

風邪やインフルエンザ、嘔吐下痢やノロウイルスなど、ウイルスもウヨウヨしています。

 

子どもさんたちと、元気に過ごすためにはどうしたら良いか話し合い、手洗いうがいの徹底や、換気をこまめにしたり、健康観察にもしっかり行います。

 

少しでも体調の悪い子どもさんは、常に気にかけて様子を見たり、特にこの時期の自分たちの健康管理にも気を付けたりと、保育士さんたちは気が抜けません。

 

寒さに負けず、みんなで元気に2月の遊びを楽しめたら良いですね(o^^o)